アイルランドやスコットランドなどケルト圏の音楽を演奏する3人組。
フィドル(バイオリン)と歌、ギター、それにアイルランドの太鼓、バウロンを使って奏でる音楽はリズムやグルーヴ、
優しさ楽しさ、時に哀しさに満ちている。
空気に触れて、呼吸を合わせてどこまでも高く登りつめ、 呼吸を整えてどこまでも静かにささやく音楽。
弾く人も聴く人も幸せにする、それがJohn John Festival。 結成2010年1月。


これまでに「John John Festival」「歌とチューン」「Forget me not」3作のアルバムを発表。

また、シンガー笹倉慎介との「Trek Trek」をはじめ、コラボレーション作品も複数発表。


2014年6月から2年間の活動休止期間を経て、2016年より活動を再開。
2016年10月、世界最高峰のケルト音楽祭Celtic Coloursに日本人アーティストとして初出演。
2017年8月、RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZOに出演。

2017年-2018年、6週間に及ぶオーストラリアツアーを成功させる。

Woodford Folk Festivalをはじめ、各開催地でそのパフォーマンスが絶賛される。


Three piece Japanese Celtic music band
- fiddle/vocals, guitar/vocals, and bodhran -
John John Festival is fast becoming most popular Celtic band in Japan.
With rhythm, melody and emotion in a genuine groove their mutual ease and happiness makes the audience happy too.
“Make us and them happy” is their musical mind set.

Their story began Jan 2010.
and in the short time since they have released 4 albums,
joined 3 other musicians' albums, many festivals, also overseas festivals too.


Illawarra Folk Festival (Australia, 2014)
Celtic Colours(Canada 2016)

RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO (JAPAN 2017)
Woodford Folk Festival (Australia 2017)


john*
[ fiddle, vocal ]


東京都文京区出身。愛称は”ジョン”。
アイリッシュの花形楽器フィドルを弾き、うたも歌う。 フィドルの音は陽気な子供のように勢いとリズムに溢れる。 気分の波に乗るとどこまでも弾き続け、周りをグルーヴの渦に巻き込んでいく。
サンバなどラテンミュージックにも通じており、
持ち前の愛嬌で人気のお天気フィドラー。
乙女座のA型。意外とよく食べる。よく遅刻する。

website / twitter @maaaaaa_na


annie
[ guitar, vocal ]


北海道帯広市出身。愛称は”アニー”。
感受性豊かな心が織りなす感情のコントラストは、ギターの響きに乗って様々な陰影をつくる。
優しい音から鬼気迫る音までバンドサウンドの多彩な表情を演出する。
蟹座のO型。元陸上、スケート選手。
そのため瞬発力は凄まじいが、持続力に欠ける。

website / twitter @_anila_


トシバウロン
[bodhran,percussion ]


東京都練馬区出身。日本では数少ないアイルランドの太鼓バウロンの専門奏者。
2001年より活動を始め、幾つものアイリッシュバンドを経て現在に至る。 他の楽器と波長を合わせグルーヴを作り出すことに長けているが、 首が曲がりメガネが弾け飛ぶほどダイナミックな動きには賛否両論がある。
アイリッシュライブイベントを企画するレーベルTOKYO IRISH COMPANY主宰。
水瓶座。漫画オタク。ずっとダイエット中。

Homepage / twitter @toshibodhran